Strategic Outlook toward 2030: Japan's research for allergy and immunologyが査読付国際誌に掲載されました





免疫アレルギー疾患研究10か年戦略の英語総説論文が、査読付国際誌Allergology Internationalに掲載されました。


日本の国を挙げての取り組みが、査読を経て一定の質を担保され、オープンアクセスにより世界に幅広く共有される第一歩となります。


今後免疫アレルギー疾患に係る問題の「見える化」を通じて,少しでも患者が安心して暮らせる社会を醸成することが免疫アレルギー疾患研究を推進する重要な意義となります。科学技術立国を目指す我が国の10 年後を見据えた野心的ビジョン,目標,及び戦略の実現は,免疫アレルギー疾患に悩まれる患者・家族だけでなく全疾患領域,世界の多くの方に貢献するものと期待されます。

Review Article Strategic Outlook toward 2030: Japan's research for allergy and immunology – Secondary publication

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1323893020300563

20回の閲覧